よくある質問

▲このページのトップへ

【充填機】床置きタンクから直接吸い上げて充填することができますか?

弊社のポンプは機密性が高いので、シャンプーやコンディショナー程度の粘度であれば、ホッパーを使用せずタンクに吸引ホースを入れるだけで自給充填することができます。

▲このページのトップへ

【充填機】液ダレしやすい液でも充填できますか?

シャットオフノズルやサックバックノズルなど、被充填物の特性に適合したノズルにより液ダレや糸引きなく充填することができます。

▲このページのトップへ

【充填機】泡立ちしやすい液は充填できますか?

ノズルをボトルの奥まで挿入し、液面にあわせてノズルを上昇させる液面追従充填や、充填の始めと終わりをゆっくりにする速度調整、液中充填などにより発泡を抑えて充填するなどの方法で対応が可能です。

▲このページのトップへ

【充填機】接液部の分解洗浄は難しくないでしょうか?

部品点数も少なくシンプルなサニタリー仕様なので、容易に分解洗浄ができます。

▲このページのトップへ

【充填機】自動充填機でノズルがボトルに挿入される際、干渉してノズルやボトルが破損することはありませんか?

機種にもよりますが、自動充填機ではボトルの首(リード部分)をクランパーより把持し、ボトルの口を確実にセンタリングした状態でノズルを挿入するため、干渉することは基本的にございません。

▲このページのトップへ

【充填機】充填精度はどのくらいですか?

±1%としています。被充填物によっても変動しますが、実際はもっと精度高く充填できるケースが多いです。

▲このページのトップへ

【充填機】品種切り換え(段取り換え)を短時間に行うことができますか?

駆動源にサーボモータを用いて品種登録機能を使うことにより、充填量や充填速度、ノズルの高さやノズル昇降速度などの煩わしいパラメータを瞬時に切り換えることができます。 品種毎はもとより、比重や粘度などロットごとによって微妙に変動する充填量のチェックに関しては、弊社独自の「充填量補正機能」を使用し、別途計測した重量を入力するだけで自動的に充填量を補正する機能などで対応が可能です。

▲このページのトップへ

【キャッパー】楕円や球形など、円柱状でないキャップでも締め付けられますか?

基本的に対応可能です。

▲このページのトップへ

【キャッパー】トリガーやスポイト、ポンプキャップなど、上部に部品が付属しているキャップでも締め付けられますか?

基本的に対応可能です。

▲このページのトップへ

【キャッパー】ピカピカのアルミ蒸着キャップなど、デリケートなキャップにキズはつきませんか?

締付トルクにもよりますが、基本的にキズはつきません。厳密に言えばキャップを掴んだり離したりするだけで擦れが生じます。しかし、目視では確認できない程度のキズとなります。

▲このページのトップへ

【キャッパー】今使っているキャッパーでは小さいキャップのトルクが安定しませんが、ナミックスさんのキャッパーも同じですか?

資材自体にトルクが安定しない要因がなければ、既設機よりも高い精度でキャッピングできる可能性はあります。キャップの締付トルク(開栓トルク)はキャッパーヘッドの大きさ、重量、速度に大きく影響を受けますので、それらを考慮したキャッパーヘッドや制御することでトルクを安定させることが可能です。

▲このページのトップへ

【キャッパー】既設コンベアの上に搭載できるキャッパーはありますか?

機種により搭載可能です。

▲このページのトップへ

【キャッパー】キャッパーで締め付けたキャップの開栓トルク精度はどのくらいですか?

キャップとボトルの精度や材質的、形状的相性、処理速度、さらには包装室内や資材を置いておいた部屋の温度によっても変わってきますので、一概には申し上げられません。 過去の経験値から、精度の高い資材で±0.1N・m、化粧品などの一般的な資材で±0.3N・mくらいです。

▲このページのトップへ

【キャッパー】多品種向のキャッパーを探しています。どのようなタイプが良いでしょうか?

まずはロットや処理能力により、全自動か半自動をご検討頂きます。全自動の場合は、ある程度の兼用範囲のある三ッ爪式が適合しています。半自動の場合は、品種換え部品のないベルト式が適合しています。

▲このページのトップへ

【キャッパー】締付トルク値を全数出力することはできますか?

プリンタで出力する、またはメモリカードに出力(CVS形式)し、Excelで管理する方法の2種類があります。

▲このページのトップへ

【カートナー】ワンタッチカートンも対応可能ですか?

対応可能です。ただし、カートン供給数(ストック数)に制限がございます。

▲このページのトップへ

【カートナー】デリケートなカートンでもキズは付きませんか?

カートンを搬送する以上、全く付かないというわけではありませんが、化粧品に多いのクリアカートンやアルミ蒸着カートンなど、キズや打痕の付きやすいカートンの実績も多数ありますので、ご相談ください。ナミックスカートナーは、円弧状のガイドなのでカートンのフェイスを擦ることなく搬送でき、搬送するポケットはカートンが供給されてから排出するまで抜き差しすることもないので、キズの要因となる擦れの回数が少ないのも大きな特徴です。

▲このページのトップへ

【カートナー】特殊な形状のフラップでも対応できますか?

折り返しの長いジッパーフラップやヘッダーつきフラップなど、様々な形状に対応してきた実績があります。何でも対応可能です!とは言えませんが、サンプルをご提示いただければ検討させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

▲このページのトップへ

【カートナー】機内で印字できますか?

ホットプリンタ、エンボスであれば機内印字できます。インクジェットやレーザー印字は基本的に次行程で行います。

▲このページのトップへ

【カートナー】ナミックスさんのカートナーがコンパクトなのはどうしてですか?

カートンをターレットにより直線的ではなく円弧状に搬送することで、本体寸法を小さくすることができます。また、多層ビルドシステムの採用により、カートンストック部を上部に設置し印字や逆折りなどの行程を、平面的ではなく階層的に分けることで平面寸法を小さくすることもコンパクトの大きな要因となっています。

▲このページのトップへ

【カートナー】カートナーの重量はどのくらいですか?

仕様にもよりますが約700kgです。キャスターが付いていますので、一般男性であれば容易に移動させることができます。

▲このページのトップへ

【カートナー】品種換え作業は何分くらいでできますか?

機械及び資材仕様、どの品種からどの品種に切り換えるかで変わってきます。シンプルな仕様でカートン寸法も大きく変わらない場合など、早いと10分程度です。ごく一般的な仕様で約30分ほどになります。

▲このページのトップへ

【カートナー】フラップの封緘精度はどのくらいですか?

資材による要素が大きいので一概には言えませんが、カートンを搬送するポケットは機械加工により製作されておりますので、ポケット内で確実に矩形となり、その状態で封緘するので高い精度で封緘することができます。

▲このページのトップへ

【カートナー】どのような業界で多く使われていますか?

一番多いのは製薬業界です。次いで化粧品、健康食品業界などです。

▲このページのトップへ

【その他】充填やキャッピング、クリーナーなどを1台の機械でできますか?

ユニットマシン1台で対応できます。全自動のほか、部分的に半自動に変更するなど、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

▲このページのトップへ

【その他】エアクリーナーの静電除去装置はどんなボトルにも有効なのですか?

樹脂製のボトルに有効です。樹脂製のボトルは帯電しやすく、その帯電により、まとわり付いている塵や埃を除去するのに静電除去装置を使います。ガラスボトルではあまり効果はありません。

▲このページのトップへ

【その他】リキッドファンデーションなどのトンガリキャップでも打栓できますか?

シリンダ式であれば穴空きヘッドで、ベルト式であればツイン式で打栓することができます。

▲このページのトップへ
  • お電話でのお問い合わせ お気軽にお問い合わせください。
  • 045-988-4390
お問い合わせ・資料請求 メールでのお問い合わせはこちら
▲このページのトップへ